『俺のすべて』を味わう薬膳鍋

『俺のすべて』を味わう薬膳鍋

寒さが身に染みる大寒の頃ですが、
今が一番寒いということは、これから暖かくなるということ。
ヘルシーなお鍋で温まり、元気に冬を楽しみましょう!
今回は、雄鶏1羽を味わうレシピをご紹介します。

『俺のすべて』を味わう薬膳鍋

※放し飼い鶏の長期育成肉『俺のすべて』はオンラインショップでご購入いただけます(薬膳スパイス付きもあります◎)。

 

材料

<鍋のベース>
A
水 800cc
生姜 10g(千切り)
にんにく 2かけ(つぶす)
八角 3個
干ししいたけ 2個
雄鶏もも肉 2枚(ひと口大)
雄鶏手羽先、手羽元 各2本(骨に沿って包丁を入れる)

B
みりん 70g
醤油 6g
塩 10g
なつめ 3個
クコの実 15粒
シナモン 1枝(2gほど)
ローリエ 1枚

① Aを鍋にすべて入れ、火にかける。
② 沸いたらアクをとって弱火にし、Bを加えて5分ほど煮る。
(鍋のベースの出来上がり)
 ※味をお好みに調節してくださいね


③ 雄鶏むね肉1~2枚、ささみ2本をそぎ切りにし、しゃぶしゃぶにして食べる

④ お好みの具材(ケール、白菜、小松菜、水菜、豆腐、きのこ、魚介類など)を用意し、寄せ鍋スタイルで食べる。



⑤ 〆に、うどんや雑炊もおすすめです◎



味は使う調味料によって異なるので、味見をしてお好みの味に仕上げてください。
『俺のすべて』1羽分を使用するレシピにしていますが、人数によってお肉の量も調節してくださいね。
鶏肉の他にも、Sanagi Shokudoでは季節の野菜詰め合わせや卵も販売しています。
ぜひ合わせてお楽しみくださいね!

ブログに戻る